HS エイチエス Home&Style Vol.13
HS エイチエス Home&Style Vol.12
HS エイチエス Home&Style Vol.11
HS エイチエス Home&Style Vol.10
HS エイチエス Home&Style Vol.9
HS エイチエス Home&Style Vol.8
HS エイチエス Home&Style Vol.7
HS エイチエス Home&Style Vol.6
HS エイチエス Home&Style Vol.5
AKIRA GROUP
Like Home Life HomeVol.2
FLORIST'S NOTE
HS エイチエス Home&Style Vol.4
HS エイチエス Home&Style Vol.3
CHEF'S NOTE
別冊UN40
Like Home Life Home
HS エイチエス Home&Style Vol.2
HS エイチエス Home&Style Vol.1


KASHMIR
野球指導者バイブル
ラーメンをつくる人 東京
家庭医の現場
会いに行く味
iceland
家庭医という選択
おいしい博多出張
MOROCCO
ラーメンをつくる人の物語
GREENLAND
魂が震える話
BARやまざきの系譜
おいしい札幌出張 2
なでしこの父
ささえる医療へ
食のつくりびと
KIRIBANA
おいしい札幌出張
鷲谷修也の挑戦
村上スキーム
日本を救う!!「当たり前基準」
考える野球
わたしの夢手帳


オーマイ・ゴッドファーザー
大人の常識力を高める100問
耆に学ぶ
営業の智慧
人生の主役になる脳の使い方
営業の意味
スタンド・バイ・ユー
前進すれば道は開ける
愛しのはんかくさい人物語
まくはり愛♥あ〜る(IR)大作戦
いい旅のススメ。
ハウジングストーリー
相性は脳で決まる
営業が永業に変わるとき
永業という道
どんどん脳を使う
準備力〜実践する考える野球
実践する色彩学
北大の研究者たち
人に好かれる方法
実践する問題解決
大家族主義経営
16歳からのキャリア論
営業の神さま
サービスの心得
株式後悔
生きているから生きてゆける
7色のすごいチカラ!
教育はどこにいくのか
採用を変える、組織が変わる
ウキウキヒーローズ
日本人という生き方
営業という生き方
ひとりぼっちの社長のための事業再生
営業の大原則
モテる!!コミュニケーション
ビジ髪
モチ論
AKIRA GROUP
私たちが考える家づくり。
Our Way Of Building Houses



判型/頁数 A4判/76頁
定価 2,000円(税抜)
ISBN 978-4-903707-29-7(直扱/コア・アソシエイツ)
発売日 2011/6/10



家は選ぶものではない つくるものである

" まっさらな白木の柱が、日に焼けて、空気に触れてだんだん色が変わってくる。
もっと進むと深い飴色になって、風格が増してくる。
何十年か過ぎて、ふと振り返ったとき
「この家もようやくいい味が出てきたね。これからも、このまま暮らしていきたいね」
と言えるような住まい。私たちが提案したいのはそんな家です。"


Chapter1 上田亨の百年構想
Chapter2 人がいる。人がつくる
Chapter3 人がつくるものだから。時が磨くものだから
Chapter4 街づくりへの第一歩。確かな手応えと新たな目標

Works File1 家をつくる。その軌跡から見えるもの
Works File2 笑顔、動き、語らい……家族の姿が見える家


AKIRA GROUP
株式会社 AKIRA / 有限会社 弘建 / 株式会社 design factory /
株式会社 旭匠工房 / 株式会社 AKIRA m&m
www.akira-inc.com

個性的な住宅を設計することで認知度のあがっている旭川のAKIRAグループのブランドムックです。
住宅市場と言う大きな括りで考えると、AKIRAグループの引き渡し棟数はそんなに多くありません。
それでも支持を集めているのは、家づくりの考え方の共鳴や共有をしながら、お互いにセッションしていく過程にあるのではないかと、取材を振り返って思いました。
一般的に、家づくりで見られることのひとつとして、足し算方式というのがあります。
そりゃあ、何でもあった方がいいに決まっているし、素材だっていいものを使った方が見え方も良いだろうし。
「そこにお金をかけないほうがいいですよ」「浮いたお金でおいしいものでも食べたらどうですか」オーナーである上田氏は、そんなことを平気で言っているようです。
サブタイトルにもあるように、 「わたしたちの考える家づくり」ですから、住宅にとってデザインは大切な要素ですが、その手前にある、「お互いでつくる価値観の共有」を一緒に探しませんか、ということだろうと思います。
それにしても完成まで1年強。
オーナーに感謝するとともに、ここまでお付き合いくれたスタッフにも感謝いたします。
/斉藤隆幸

エイチエスは、新しい創造を培い、あなたに読んでほしい1冊を作り続ける札幌の出版社です。

Copyright © HS Co.,Ltd.