HS エイチエス Home&Style Vol.13
HS エイチエス Home&Style Vol.12
HS エイチエス Home&Style Vol.11
HS エイチエス Home&Style Vol.10
HS エイチエス Home&Style Vol.9
HS エイチエス Home&Style Vol.8
HS エイチエス Home&Style Vol.7
HS エイチエス Home&Style Vol.6
HS エイチエス Home&Style Vol.5
AKIRA GROUP
Like Home Life HomeVol.2
FLORIST'S NOTE
HS エイチエス Home&Style Vol.4
HS エイチエス Home&Style Vol.3
CHEF'S NOTE
別冊UN40
Like Home Life Home
HS エイチエス Home&Style Vol.2
HS エイチエス Home&Style Vol.1


KASHMIR
野球指導者バイブル
ラーメンをつくる人 東京
家庭医の現場
会いに行く味
iceland
家庭医という選択
おいしい博多出張
MOROCCO
ラーメンをつくる人の物語
GREENLAND
魂が震える話
BARやまざきの系譜
おいしい札幌出張 2
なでしこの父
ささえる医療へ
食のつくりびと
KIRIBANA
おいしい札幌出張
鷲谷修也の挑戦
村上スキーム
日本を救う!!「当たり前基準」
考える野球
わたしの夢手帳


オーマイ・ゴッドファーザー
大人の常識力を高める100問
耆に学ぶ
営業の智慧
人生の主役になる脳の使い方
営業の意味
スタンド・バイ・ユー
前進すれば道は開ける
愛しのはんかくさい人物語
まくはり愛♥あ〜る(IR)大作戦
いい旅のススメ。
ハウジングストーリー
相性は脳で決まる
営業が永業に変わるとき
永業という道
どんどん脳を使う
準備力〜実践する考える野球
実践する色彩学
北大の研究者たち
人に好かれる方法
実践する問題解決
大家族主義経営
16歳からのキャリア論
営業の神さま
サービスの心得
株式後悔
生きているから生きてゆける
7色のすごいチカラ!
教育はどこにいくのか
採用を変える、組織が変わる
ウキウキヒーローズ
日本人という生き方
営業という生き方
ひとりぼっちの社長のための事業再生
営業の大原則
モテる!!コミュニケーション
ビジ髪
モチ論
相性は脳で決まる
仕事における人との相性を脳からみて改善していく方法


著者 篠浦伸禎
判型/頁数 四六判/182頁
定価 1,500円(税抜)
ISBN 978-4-903707-43-3
発売日 2013/12/20



左脳3次元は合理主義、左脳2次元は原理主義、
右脳3次元は拡張主義、右脳2次元は温情主義。
さて、あなたの脳はどのタイプでしょうか。
そして、職場のあの人は?
相性の良し悪しに隠された秘密も改善策も、この一冊でわかります。


同僚とソリが合わない。
部下がなかなか育たない。
家族の会話が今ひとつ。
恋人にときどきイライラする。

…そんな悩みの解決に。

----
【第1章】脳の使い方とは
脳テスト/
人間脳の分け方/
〈1〉左脳・右脳
〈2〉次元
〈3〉4種類の脳の使い方
左脳3次元(合理脳)の特徴
左脳2次元(原理脳)の特徴
右脳3次元(拡張脳)の特徴
右脳2次元(温情脳)の特徴
動物脳/
〈1〉動物脳は保身に役立つ
〈2〉動物脳にはプラスとマイナスの面がある
〈3〉動物脳が人間脳の4タイプと結びついた場合
自我とストレス耐性 /
〈1〉自我と動物脳、人間脳の関係
〈2〉ストレス耐性とは
〈3〉動物脳プラス・マイナスと自我および死との関係

【第2章】仕事における人との相性と脳の使い方
相性と脳の使い方
動物脳主体の人の相性
人間脳主体の人の相性
相性を改善する努力

【第3章】仕事における相性の各論
4つの脳タイプの仕事における相性の各論
両脳タイプについて

【第4章】どのようにすれば人間関係が改善できるのか
仕事では人間関係を改善せざるをえない
相手の脳の特徴を知ることが第一歩
相性をよくするには自分の脳の使い方を変えるしかない
脳の使い方の偏りは武器にも苦しみの元にもなる
相性を改善するための各論
自分の脳を改善する方法

【第5章】「脳を活性化する会」での実例
《実例1》相性に関する質問と答え
《実例2》ストレス耐性アップ講座/
〈1〉左脳型が左脳を鍛える
〈2〉左脳型が右脳2次元を鍛える
〈3〉右脳型が右脳を鍛える
〈4〉右脳型が左脳3次元を鍛える
《実例3》脳テストを用いたカウンセリングの実例/
〈1〉男女の相性
〈2〉親子の相性
〈3〉職場での相性
〈4〉まとめ
◆ カウンセリング受付

篠浦伸禎 nobusada sinoura

1958年生まれ。東京大学医学部卒業後、富士脳障害研究所、東京大学医学部附属病院、茨城県立中央病院、都立荏原病院、国立国際医療センターなどで脳外科手術を行う。
1992年東京大学医学部の医学博士を取得。シンシナティ大学分子生物学部に留学。帰国後、国立国際医療センターなどに脳神経外科医として勤務。
2000年より都立駒込病院脳神経外科医長、2009年より同部長として勤務。脳の覚醒下手術ではトップクラスの実績。
主な著書に、『臨床脳外科医が語る 人生に勝つ脳』(技術評論社)、『脳にいい5つの習慣』(マキノ出版)、 『脳神経外科医が実践するボケない生き方』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)他がある。

  • どんどん脳を使う
    13.2.10発売

  • 人生の主役になる脳の使い方
    15.10.23発売

  • 「どんどん脳を使う」の第二弾で相性編。<相性は脳の使い方で決まっている>と著者の篠浦先生は仰います。脳外科医の先生が言うのですから説得力が違います。だって、脳を見ているんですから。これを知るだけでもすごいことだと思うのです。だからすぐに本にさせてもらいました。しつこいですが、相性は性格じゃないんですよ、脳の使い方なんですよ。自分の脳と相手の脳の使い方を知ることで、相性がわかり、関係を改善したり、適材適所の配置をしたり、仕事がうまくいくようになるというわけです。すごいですね。 血液型を語るように、この脳タイプが語られる日が来るのではないかと思うのです。ぜひ脳テストを受けてください。脳テストは、本を買わないと受けられないですよ。担当編集者は、右脳2次元の斉藤和則でした。

    エイチエスは、新しい創造を培い、あなたに読んでほしい1冊を作り続ける札幌の出版社です。

    Copyright © HS Co.,Ltd.